会社概要

  • TOP
  • 会社概要

会社概要

企業情報

商号 千葉企業株式会社
所在地 本社営業所
〒189-0025 東京都東村山市廻田町1-2-17
TEL.042-306-2183
FAX.042-392-5319
多摩事業所(一般・産業廃棄物積替・保管施設)
〒189-0011 東京都東村山市恩多町4-31-7
TEL.042-396-0330
FAX.042-392-5319
廻田工場(産業廃棄物中間処理施設)
〒189-0025 東京都東村山市廻田町1-2-17
TEL.042-306-2183
FAX.042-306-2185
設立 1974年(昭和49年)12月24日
資本金 2,001万円
役員 代表取締役社長 千葉 久典
取締役 他2名
従業員数 45名(2022年4月現在)
資格保有者
  • 運行管理者 6名
  • 整備管理者 1名
  • フォークリフト 13名
  • 小型車両系建設機械 3名
  • 電気工事士(2種) 2名
  • 破砕・リサイクル施設技術管理士 2名
  • 産業廃棄物中間処分施設技術管理士 1名
  • 許可申請(更新)講習会修了者 1名

沿革

1965年(昭和40年)6月 東京都東村山市萩山町に「千葉商店」を設立。石油および固形燃料の販売を開始。
1970年(昭和45年)1月 事業拡大のため、東京都府中市本町にて運送業・貸倉庫業を創業。
1974年(昭和49年)12月 東京都中野区本町で「千葉企業株式会社」を設立。一般・産業廃棄物収集運搬業を創業。
1983年(昭和58年)11月 一般・産業廃棄物処理業に事業を一本化。東京都東村山市富士見町に本店を移転。
1991年(平成3年)9月 東京都東村山市久米川町に多摩事業所を開設。本社営業所として、運行、営業部門を機能統合。
1996年(平成8年)2月 資本金を1,000万円に増資。
2001年(平成13年)11月 事業拡大のため、多摩事業所を同市恩多町に移転。
2004年(平成16年)6月 創業30周年を迎え、多摩事業所内にリサイクルヤードを開設。
2006年(平成18年)8月 環境サービス企業として、環境マネジメントシステム「ISO14001」の認証を新たに取得。
2006年(平成18年)10月 資本金を2,000万円に増資。
2010年(平成22年)2月 東京都産廃優良性基準適合認定制度の「産廃プロフェッショナル」認定を取得。
2015年(平成27年)4月 東京都産廃優良性基準適合認定制度の「産廃エキスパート」認定を取得。
2015年(平成27年)6月 東京都東村山市廻田町にリサイクル施設「廻田工場」を開設。
2015年(平成27年)12月 東京都「産業廃棄物処分業」を取得。
2016年(平成28年)4月 産業廃棄物中間処理施設「廻田工場」の営業開始。
2017年(平成29年)6月 廻田工場に本店を移転、統合。
2020年(令和 2 年)8月 本店に本社営業所を移転、統合。

廻田(めぐりた)工場

廻田(めぐりた)工場

廻田(めぐりた)工場では、産業廃棄物や資源物のリサイクル処理を行っています。回収した廃棄物・資源物は品目や素材ごとに選別し、個別の処理工程を経て原料メーカーやリサイクルプラントへ搬入しています。

また、当工場ではNPO法人と連携して太陽光発電施設(27kW)を屋上全面に設置し、「東村山市民に開かれた共同発電所」として運用を行っています。災害時や緊急時には、地域への電力供給が可能です。

工場見学お申し込み

廻田工場では、見学の受付を随時行っています。ご希望の方はお問い合わせフォームよりお申し込みください。なお、ご記入いただいた個人情報を回答受付以外の目的で使用することはありません。

工場概要
施設面積 1508.67㎡
保管容積 229.48㎡
取扱品目
  • 廃プラスチック類
  • ガラスくずおよび陶磁器くず
  • 金属くず
処理能力
  • 廃プラスチック類
    圧縮・梱包:2.30t/日
    溶融:0.37t/日
  • ガラスくずおよび陶磁器くず
    破砕:8.85t/日
  • 金属くず
    圧縮:1.62t/日

場内全景

処理実績 産業廃棄物の処分実績は、東京都環境局ホームページに掲載中の「処理状況報告書」の公表ページをクリックしてご確認ください。
※許可番号欄に20 015170と入力し、業の区分で“処分”をチェックしたうえで検索してください。
所在地 東京都東村山市廻田町1-2-17
TEL:042-306-2183
FAX:042-306-2185
※大量に搬入される場合は事前にご連絡ください。

多摩事業所

多摩事業所

多摩事業所では、産業廃棄物や再生資源物を受け入れています。なお、廃棄物・資源物は細かく選別・分別して保管・積替し、その後各リサイクル・処理プラントへ搬入します。なお、当事業所では廃家電を受け入れており、リサイクル券も取り扱っております。

事業所見学お申し込み

多摩事業所では、見学の受付を随時行っています。ご希望の方はお問い合わせフォームよりお申し込みください。ご記入いただいた個人情報を、回答受付以外の目的で使用することはありません。

施設概要

【許可番号 第13-10-015170号(東京都)、一廃 第3号(東村山市)】

施設面積 1102.0㎡
保管容積

保管容積

  • 185㎡産業廃棄物7品目
  • 30㎡(一般廃棄物)(廃家電6品目に限る)
取扱品目

【一般廃棄物】

  • 廃家電(リサイクル家電6品目)

【産業廃棄物】

  • 廃プラスチック類
  • ガラスおよびコンクリ、陶磁器くず
  • 木くず
  • 金属くず
  • 廃油
  • 廃蛍光ランプ(水銀使用製品産業廃棄物)
  • 廃家電(特定家庭用機器産業廃棄物)

【再生資源物】

  • ビン、缶、PET、発泡スチロールなど
  • 段ボール、新聞、雑誌など

保管場所

処理実績 産業廃棄物の収集運搬実績は、東京都環境局ホームページに掲載中の「処理状況報告書」の公表ページをクリックしてご覧ください。
※許可番号欄に10 015170と入力し、業の区分で“収集運搬”をチェックしたうえで検索してください。
所在地 東京都東村山市恩多町4-31-7
TEL.042-396-0330
※大量に搬入される場合は事前にご連絡ください。

収集運搬車両

お客様の多様なニーズにお応えできるよう、私たちはさまざまな廃棄物収集運搬車両を保有しています。NOxやPMなど、各種排ガス規制をすべてクリアした車両を配備。全車両、定期的な清掃、メンテナンスに努め清潔かつ安全な車両で伺っております。

保有車両
塵芥収集車
(パッカー車)

塵芥収集車(パッカー車)3t3t:7台

TPG:2台
TKG:2台
2RG:3台

塵芥収集車(パッカー車)3tワイド3t:5台
(ワイド)

TKG:1台
PKG:1台
2KG:3台

塵芥収集車(パッカー車)4t4t:1台

2DG:1台

資源収集車
(箱車)

資源収集車(箱車)2t2t:3台

TKG:3台

資源収集車(箱車)3t3t:2台

TRG:2台

トラック
(平ボディー)

トラック(平ボディー)4t4t:1台

TKG:1台

トラック(平ボディー)3t3t:1台

BDG:1台

ダンプ
(コンテナ脱着車)

ダンプ(コンテナ脱着車)4t4t:1台

2KG:1台

バン

バン1t:1台

CBF:1台

営業車

6台

施設内設備

フォークリフトフォークリフト

3台

非常用発電機:2台 コンプレッサー:2台
高圧洗浄機:2台 オゾン洗車機:2台

解体重機解体重機

1台

低公害車両形式

TPG:H27年度燃費基準5%向上達成車
TKG:H27年度燃費基準達成車
PKG:H27年度燃費基準達成車
BKG:H27年度燃費基準達成車
2KG:H27年度燃費基準達成車
2RG:H27年度燃費基準10%向上達成車
CBF:H27年度燃費基準10%向上達成車
TRG:H27年度燃費基準10%向上達成車
PB:超低PM排出ディーゼル車

車両装備強化による安全対策
バックモニターの装備

バックモニターの装備バックモニターの装備

私たちは、収集運搬車両にバックモニターを導入しています。後退時や積み込み、荷降ろし時の適切かつ迅速な安全確認が可能です。

デジタコ&ドラレコの装備

デジタコ&ドラレコの装備デジタコ&ドラレコの装備

運行管理の効率化とエコドライブの推進を目的とし、当社車両には矢崎エナジーシステム社製のデジタルタコグラフを搭載。さらに一層の安全・安心輸送を実現するため、新たにドライブレコーダーを導入しました。

IP無線機の装備

IP無線機の装備IP無線機の装備

常の運行指示を迅速かつ的確に行い、業務効率化を図るため、当社車両にはモバイルクリエイト社製IP無線機を搭載しています。こうした通信手段は、大規模災害時において社員の安否確認などに用いられます。

安全装置の導入

安全装置の導入安全装置の導入

私たちは安心・安全な運行を目指し、新規導入車両には全て衝突軽減装置等の「先進安全装置」を導入しております。

組織図

私たちは、環境管理、品質管理、情報管理、安全衛生管理をより徹底して実施するため、環境管理委員会を筆頭として、3つの社員チームを設置しています。

組織図

チーム活動

社員全員参加を基本とする3つのチームを設置し、業務の日常管理と改善活動を力強く推進しています。

  • 安全運行対策チーム
  • 車両整備点検チーム
  • 作業安全・施設環境管理チーム
トップに戻る