使用済みプラスチックのリサイクル事業

  • TOP
  • 使用済みプラスチックのリサイクル事業

使用済みプラスチックのリサイクル事業

東京都東村山市の千葉企業が推進する事業のうち、とりわけ力を入れている「廃プラスチックリサイクル事業」についてご紹介します。どんな品目を取り扱っているのか、収集の流れはどうなっているのかなど、事業の要点をご確認ください。後半では「千葉企業のミッション」や「事業コンセプト」についても説明しています。

使用済みプラスチックのリサイクル事業

使用済みプラスチックのリサイクル事業

私たちは廃棄物の収集運搬と処理を行うだけでなく、廃プラスチック(ビニール、プラスチック製品全般)の種類や混合状態に応じて、適切な分別方法、処理方法をご提案しています。コスト・環境両面で最良の結果が出るよう適切な処理を行いますのでご相談ください。

千葉企業のミッション

これまで、中国やアジア諸国に「資源物」という名目で輸出することで成立していた使用済みプラスチックのリサイクルが、昨今の規制強化により行き場を失っています。結果として、名目上の有価物(産廃)が国内に滞留しているのが現状です。

使用済みプラスチックの中で、生産量や再生利用率が大きいものに包装用フィルムなどの軟質系廃プラスチックがあります。しかしこれらは、使用環境や用途などが広範すぎて十分なリサイクルフローが確立されていません。このように、さまざまな要因からリサイクルされないものが多くあります。私たちはこうした課題にも真摯に向き合い、創意工夫をもって解決策を模索していきます。

事業コンセプト

私たちは「使用済みプラスチックの国内完結リサイクル」(地廃地再)の実現を目指し、プラスチックごみの国内循環モデルを構築します。

事業コンセプト

国内のリサイクルは、「サーマルリサイクル」(※1)で処理されるケースが約7割を占めています。比較的環境負荷の少ない「マテリアルリサイクル」(※2)や「ケミカルリサイクル」(※3)の利用率はコスト面などで制約が多く、供給率・利用率は十数間にわたり横ばいのまま推移しているのが現状です。

これに追い打ちをかけるように海外へのプラスチック輸出が困難になってきたため、サーマルリサイクルに大量の廃プラスチックが持ち込まれるという事態に進展。こうした背景から、サーマルリサイクル業者は品質強化を理由に処分単価の値上げを続けています。こうした傾向はサーマルリサイクルにとどまらず、マテリアルリサイクル、ケミカルリサイクルでも見られます。増え続ける産廃に対し、受け入れ先の確保、拡大が急務となっている中、私たちはこれら3つのリサイクルをバランスよく強化しようと努めています。

※1 サーマルリサイクル:廃プラスチックの焼却時に生じる熱(サーマル)を再利用するリサイクル手法
※2 ケミカルリサイクル:廃プラスチックを化学還元し、油、アンモニア、水素等の抽出をするリサイクル手法
※3 マテリアルリサイクル:廃プラスチックを素材に分け、製品の再生原料として再利用するリサイクル手法

分別のご提案とリサイクル方法

当社では廃プラスチックを「国内で偏りなくリサイクルすること」を前提に、下記のコンセプトに沿ってリサイクルを実施しています。

ペットボトルの場合

マテリアルリサイクルによってどの程度良質な原料に生まれ変わるかは、廃棄時の汚損度で決まります。当社では、以下の3ランクを設定しています。

  • Aランク:キャップ・ラベルなし、飲み残し・汚損なし
  • Bランク:キャップ・ラベルあり、飲み残し・汚損なし
  • Cランク:キャップ・ラベルあり、飲み残し・汚損あり
  • AランクAランク
  • BランクBランク
  • CランクCランク
廃プラスチックフィルムの場合
  • Aランク:単一で汚れがない物→マテリアルリサイクル
  • Bランク:混合で汚れがない物→ケミカルリサイクル
  • Cランク:混合で汚れている物→サーマルリサイクル

※上記の仕分けでどの程度の物量が確保できるかランクごとにテストします

  • AランクAランク
  • BランクBランク
  • CランクCランク

廃プラスチックリサイクルにおける千葉企業の強み

  • 収集→リサイクル→最終処分までワンストップ

    収集運搬から処分、リサイクル処理までワンストップで対応できるのが私たちの強みです。有価物か産廃かは問いません。

  • 産廃と再生加工に対応

    産廃リサイクルの許認可を受けている当社の工場では、産廃の受託が可能なだけでなく、再生品の生産加工にも対応しています。この場合は、加工業の届け出を行うことが前提となります。創業の内容については当社とお客様で詳細に協議いたしますので、お気軽にご相談ください。

  • 広範なサプライチェーンネットワーク

    当社と協力関係にある提携処分先は100を超える業種・業態に及んでいます。この充実したコラボレーション体制により、どのようなリサイクルであっても“一”から理想のカタチを構築できます。

  • 徹底したシミュレーションと危機管理

    当社では、収集から造粒までをワンストップで行うことを前提としています。したがって、たとえ物量に対して事業採算性やリソース、時間的な困難が想定されるようなケースでも、工程ごとにサプライチェーンを最適化できるため柔軟なリスクヘッジが可能です。

千葉企業は持続可能な発展目標(SDGs)を支援しています。

SGDsページへの取り組み

トップに戻る